Product

病原菌検出システム
病原菌ウィルス検出装置

製品概要

ZEPHYRは最先端の細胞融合技術(特許)で作成されたバイオセンサーを用いて、「細菌」「ウィルス」「毒素」の有無を迅速に測定するシステムです。少量の試料を用いて標的物について数分で測定する事ができる卓上型の分析装置です。
試験プロトコル(例)
ZEPHYRプログラムの起動
 
カートリッジI.D.入力
 
サンプル(濃縮培地またはすすぎ液)1mlをバイアルに入れ、ZEPHYRの遠心分離機で2分間回転させる。
 
サンプル上清の除去
 
250mlのアッセイバッファー加えZEPHYR遠心分離機で2分間回転させる。
 
サンプI.D.の入力
 
サルモネラ試薬20μlをバイアルキャップに入れ、ZEPHYR遠心分離機に入れる。
 
回転が止まったらテストサンプルをルミノメーターに装着
 
バイオセンサーの発光を1分間読み取り
 
「ポジティブ」または「ネガティブ」の結果表示
CANARYの検出原理
■ZEPHYRの検出感度
LoD of Targeted CDC Bioterrorism Agents Categories A&B
Bacteria
~100cfu
Viruses ~500pfu
Toxins ~400pg
応用
・植物輸出入検査 ・農産物輸出入検査 ・食品原料受入れ検査 ・食品安全検査 ・公衆衛生検査
米国内公的機関における使用実績
Biodefense (テロ対策)
United States Department of Defense
・NSA ・CIA ・United States Navy ・Sobran Mail Screening
Agriculture (農業)
United States Department of Agriculture
・Clemson University  ・National Plant Diagnostic Network
・Cornell University   ・UC Davis
・US Plant Inspection Stations, Customs & Border Patrol
・USDA - Agricultural Research Station

Food Safety (食品安全性)
USDA - ARS: Dairy industry toxin testing
・US-FDA  ・JuiceBot: Fresh squeezed juice
・Eden Green: Leafy greens / produce
・Robotany: Leafy greens / produce
・Rebel Greens: Leafy greens / produce
・US Sealed Air
CANARY® バイオセンサーライブラリ
■BioThreat 生物的脅威(対バイオテロ)
Yersinia pestis ペスト菌
Francisella tularensis 野兎病菌
Bacillus anthracis (spores)炭疽菌 
Orthopoxvirus オルソポックスウィルス 天然痘
Botulinum Toxin Serotype A ボツリヌス菌
Abrin Toxin アービン毒
Ricin Toxin リシン
■Plant Pathogens 植物病原菌
Ralstonia solanacearum青枯病菌
Phytophthora spp.フィトフトラ属
Citrus Leprosis virusシトラスLeprosisウイルス
Potyvirus ポティウイルス
Candidatus liberibacterカンキツグリーニング病菌
■Human Pathogens ヒト病原菌
Ebola virus エボラ熱
Dengue virus デング熱
Marburg virus マールブルグ熱
Rift Valley fever virus リフトバレー熱
Chlamydia spp. クラミジア
Brucella spp. ブルセラ症
■Foodborne Pathogens食物由来病原菌
Listeria spp. リステリア菌
Campylobacter spp.カンピロバクター
Salmonella spp.サルモネラ菌
■Current Pipeline 開発中
Zika Virus ジカウィルス
Avian influenza 鳥インフルエンザ
Shiga Toxin 志賀(ベロ)毒素
Staphylococcal enterotoxin B ブドウ球菌エンテロトキシンB
Xanthomonas spp.植物病原細菌
Potato Virus Panelジャガイモウイルス