Product

その他
優れたサンプルスループットと結果の信頼性、操作面での使いやすさと高いコスト効率
最適な用途:食品安全性のルーチン分析、環境スクリーニング、臨床研究、法医学毒物分析、薬物代謝・動態(DMPK)、代謝およびバイオ医薬品、インタクトタンパク質分析
キャピラリ電気泳動イオンスプレー質量分析
コンパクトで画期的なCE-MS前処理装置
キャピラリー電気泳動CE+ESI

特 徴

・早い分析時間: 2-3分
・微量試料量: 10nL
・広い測定範囲: 低分子化合物やアミノ酸、ペプチド、たんぱく 質、抗体や抗体医薬複合体
・広い用途: 細胞溶解物、培地による培養、血漿、血液、尿、薬物動態
・試料前処理不要:希釈等前処理不必要
・通常の生体試料では脱塩等初期処理も不要
ZipChip の主なアプリケーション
・インタクトタンパク質/抗体分析
・抗体サブユニット分析
・ペプチドマッピング
・代謝物および低分子分析
・検体
・抗体
・抗体薬物複合体 (ADC)
・インタクトタンパク質
・ペプチド
・アミノ酸
・低分子
・マトリックス
・細胞可溶化物
・増殖培地
・血漿
・血液
・尿
・最終的なバイオ医薬品
サンプル調製
・通常の生体サンプルの場合、サンプル調製は最小限または不要です。
・高濃度の塩、残存する界面活性剤、その他の生成化学物質をクリーンアップ (除去)するために、チップで脱塩が行われます。キャピラリ電気泳動分離とエレクトロスプレーイオン化
・検体の電荷とサイズに応じて決まる電気泳動移動度の違いにより、検体が分離されます。
・検体は、エレクトロスプレーの適用により、マイクロ流体チップの端にある ESI エミッターを通って質量分析計に直接移ります。
・安定した高感度のナノスプレーにより、感度と堅牢性の最適な組み合わせが実現します。
分析時間
・ほとんどの生物学的サンプルの場合、全体的な CE/ESI-MS 分析はわずか 2 ~ 3 分で完了します。そのため、ラボの生産性を大幅に向上させることができます。