Product

赤外分光装置
赤外分光装置では測定困難な『水溶液』『容器内中サンプル』『 1μm以下の空間分解能』に対し、これらの解析が可能なラマン分光装置を用いることにより、ガラスアンプル内の水溶液中溶解物質や結晶等の固体、ガスなど種々サンプルの微小部が分析できます。ラマン分光測定においてはサンプルの前処理が不要で簡便ですが、種々自動化(自動励起波長切替機構、自動焦点調節、自動XYZマッピングなど)に対応することで、測定をさらに簡易化できます。
共焦点ラマン分光装置

特 徴

■組合せ自由自在
共焦点ラマン顕微鏡、リモートラマンプローブなどのサンプリングユニットと励起レーザー、冷却CCDカメラ付分光器との接続に光ファイバ゙を採用しました。各ハードウェア組合せが多様となり、かつ、ミラー転送式とは異なりレーザー光が空間中を通過しないため安全です。

■励起レーザー多波長自動切換え機構
励起レーザー波長自動切換え機構を用意しております(オプション)。
例:UV 325nm、Vis 488, 514.5nm、Near-IR 785nm など

■共焦点ラマン光学系
共焦点光学系を採用しました。
  面内分可能 <1μm
  深さ分解能 <2μm
ほかに、オプションとして高速マッピング用のLI(ライン・イルミネーション)やWAI(ワイド・エリア・イルミネーション)などもご提供しております。

■オプション
上記以外にも、電動XYZステージ(自動焦点調節、自動XYZマッピングに対応)、冷却加熱ステージ(液体N2~600/1500℃)、 液体Heクライオスタット、4K冷凍機、DAC(ダイヤモンドアンビルセル)など多彩なオプションをご提供しております。

STRseriesレーザーラマンシステムは、サンプルの微弱なラマン散乱も測定が可能な高感度の新世代高分解能ラマン分光器です。

基本システムは、レーザー光源、イメージング分光器、TE冷却CCD検出器、空間分解能<1μmの共焦点ラマン顕微鏡、およびリモートラマンプローブで構成されています。
用途に合わせて有機化合物、無機物等の多様な試料の測定を可能にするため、紫外から可視、近赤外までの1波長もしくは多波長励起のレーザーの設置が可能です。システムはユーザーフレンドリーな制御およびデータ処理が行えるソフトウェアを搭載し非常に簡単に行うことができます。また、ラマンシステムはAFMやXRD、SEMなどの分析装置への取り付けも行える改造も行っています。

詳細データはこちらから