Product

オンライン質量分析装置
Microsaic System社リアルタイム質量分析計
4500 MiD®  オンサイト、オンラインで最高の効率を実現

Microsaic社について

小型化した質量分析(MS)のパイオニアで、特許を取得したチップベースのテクノロジーは、要求現場で分析的な検出とキャラクテリゼーションを可能にします。 Microsaicのテクノロジーは、MSに関する事前の知識なしでも使用、維持が容易で、ユーザーのワークフローにおけるどのステップにおいても効果的なMSデータを提供します。 これらの利点によりさまざまな分野で多数のユーザーに使用されています。 (当社HPに掲載しているアプリケーションノートのリストをご参照ください。https://www.ensj.co.jp/pro11.html)

卓越したテクノロジー

医薬品と生物医薬品産業のためにデザインされた、我々のチップベースのテクノロジーと直観的なソフトウェアは、必要な時点、場所で強力な質量分析の検出を可能とします。これは、ユーザーが、リアルタイムで彼らのプロセスを調整し、最適化し、コントロールするという決断を可能にします。
サンプルを中央のMS施設に送る貴重な時間と費用を浪費する代わりに、我々のテクノロジーは研究所や商業用の製造の全体の生産性の向上と、敏捷な処理と製造を提供します。

小型ワンボックスの質量分析計(特許)

真空システム、制御系エレクトロニクスとコンピュータが1つのボックスに組み込まれています。統合されたコンパクトな質量分析計とソフトウェアは、生物学、化学、法科学、食品、環境、創薬分野等でのあらゆる反応時においてオンタイムで結果を得ることができます。また、測定条件や装置コントロール条件を最適化についてリアルタイムでの迅速な決定をすることができます。 信頼性が高く堅牢で、ユーザフレンドリーな4500 MiD®は、従来の質量分析計が使えなかったあらゆる場所、目的で容易に使うことが可能です。

特長:

☆ 小型の本装置は質量分析の応用範囲を大きく広げます。研究所または処理設備内のどこでも使用可能です。
☆ 外部の真空ポンプ、外部のデータ処理装置は不要でオールインワンに統合されたコンパクト設計。
  ドラフトチャンバー内で簡単に反応モニタリングが可能。また車載にて現地での分析やハンドキャリーが可能。
☆ 質量分析のプロを必要としない簡便な操作性。消耗品やパーツ交換もユーザーがワンタッチで行えます。
☆ 迅速なセットアップとデータ分析のためにデザインされた統合ソフトウェア
☆ 測定モードや機器の管理などのシーケンスを容易に作成できます。
☆ 他の機器との統合が簡単、迅速、効果的に行えるリモート操作ソフトウェアモジュール
☆ 電力とN2ガス消費を削減した低いランニングコスト

MiDas™

オプションのコンパクトな液体サンプリングインタフェースMiDas™モジュールは、反応中、または試料処理過程でも自動化されたサンプリング、希釈、および注入により、大量の測定が簡易に行えます。 卓越したポンプとスプリッタを備えたコンパクトな試料前処理装置MiDas™ はサンプリング、希釈、試料注入を自動化できます。さらに4500 MiD®は、自動化されたフラッシュ洗浄機能により試料のキャリーオーバー(前試料の系への残存による影響)がありません。

使いやすいソフトウェアMasscape®

サンプル、4500 MiD®のサンプリング方法、データ取得方法及び条件等、分析計の完全なコントロールがMasscape®ソフトウェアにより行えます。
また、Masscape®は、短時間でのセットアップと測定が容易にできるようにデザインされ、分析の簡便性を上げるため 本体にはモニタまたはキーボードも不要です。さらにリモートコントロールLAN接続により、他の場所や施設内どこからでも遠隔操作ができます。
また、Masscape®はMiDas™インターフェースにより液体試料の希釈度のコントロール、流速と直接導入モニタリング及び洗浄条件設定が自動的に行えます。もちろんオフラインでのデータ処理も可能です。

アプリケーション

1400m/zのマスレンジによって、4500 MiD®は医薬品や創薬とバイオ医薬品アプリケーションの広い範囲で使うことができます。
また、簡便に結合できるMiDas™コンパクトインタフェースサンプリングモジュールを使えばオンライン、アトライン及びオフラインで自由に幅広く使用できます。
時間を効率的に短縮:
医薬品の創薬プロセスやバイオ医薬品開発工程に大きな威力を発揮します。
すなわち新薬の市場参入への最速化のために候補薬の認証を短時間で行えます。
場所を選ばず使用でき、コンパクトな4500 MiD®は、創薬工程内で候補化合物を識別し、特性評価を集中的に行えます。従来のようにQC/QA検査の結果を待つ必要はありません。
既存のUV検出法よりはるかに精度の高いデータを瞬時で提供できますので、4500 MiD®は、ドラフトチャンバー、または製造工程中であっても瞬時に必要な結果が得られます。

他の分析計との組み合わせ:
より詳細な分析結果が必要であれば拡張できます。 HPLC、LC、および分取クロマトグラフィー(分取-LC)はじめ、TLC、CE、ナノLCなどの他の機器を繋ぐことにより、より目的に応じた詳細なデータが得られます。

仕様書:
イオンソース:spraychip® エレクトロスプレーイオン(ESI)
イオン化モード: Positive/Negative ESI
流量範囲: 0.3-2000μL/min
質量分析計:ionchip® 四重極マスフィルター
マスレンジ:50-1400 m/z
マス精度:フルスキャン(20±3℃)において±0.3m/z
マス解像度:0.7 m/z ±FWHM
感度: 10pgのレセルピン(reserpin)のSIMモードで10:1(RMS)
インターフェース:vac-tip™ マイクロ加工座標軸による大気圧インターフェース
ダイナミックレンジ:3-4桁
スキャンモード:フルスキャン、SIM、スキャン/SIM同時、Time-SIM
ポンプシステム:内蔵統合ポンプ (フロアポンプは不要)
CPU: 内蔵PC
ソフトウェアコントロール: Masscape®、Clarity、PrepCon、遠隔操作用プロトコル
窒素ガス要件: 2.5L/min、純度99.5%、2-6 bar(29-87 psi) 圧力
サイズ: 55 x 35 x 25 cm (22 x 14 x 10インチ) PC、ポンプ、排気口含む
重量: 32 kg  PC、ポンプ、排気口含む
4500MiD®についての更なる情報は、下記に連絡してください

販売元:エンセンサージャパン株式会社

電話: 06-6319-8027
info@ensj.co.jp

Microsaic Systems plc(英国)
info@microsaic.com

輸入元:株式会社エス・ティ・ジャパン
sales@stjapan.co.jp